2015.6.20

街はあふれているよ カワイイ女の子達で。
気が狂いそうになる あまりにも悩ましげなスタイル。

顔中にマーマレードは塗りたくったりはしませんが、瞬希です。
ポロリさん風の出だしで書いてみた。 

そう。そんな感じでポロリさんと遊んできた。 
彼は今、理由は聞いてないが“禁欲月間シーズン2
の真っ最中なんだけど、まさかというかタイミング良く俺がその禁欲を邪魔する要員になるとは思ってもみなかった。

といいつつ禁欲は守られるんだけどね。。。

まぁその裏で“友情を深める月間にしたらどーですか?
みたいな事をやりとりした記憶があるので禁欲を全力で阻止するつもりで、且つ友情を深めるつもりで再びクラナンにお誘いしたのである。 

 

SHERBETS/エスカレーターと彼女の水彩画(公式のPVではない)
“エスカレートするドしろーと”と聞いてなぜかこの曲のタイトルが頭に浮かんだんだ。それだけ。 




 
20:00

前半は麒麟箱に向かうことになってたのでMで待ち合わせ。
クラブには素面で入るつもりはなかったので思考力を残しつつも泥酔寸前くらいの絶妙な感じに自分を仕上げてからクラブにインしようと考えていたので、待ち合わせに向かう移動中で既にストロングの500mlを、1本空けていた。 酔拳が起動寸前でポロリさん登場。

取り敢えず近況報告を兼ねて居酒屋イン。
店に入ってから階を移動中に、スーツがめっちゃ似合ってた美人に遭遇したんだけど、なぜかスルーw あれは行っとけば良かったと本気で後悔しているのは秘密にしておこう。

まぁ超絶楽しく会話して店を後にする。


21:30

退店後、麒麟箱に移動。
土曜日ということもあって、人が凄く並んでいた。3,000円を払い入店。
前回は凄腕Aさんとコンビで入って以来だなーとか思いつつ、ロッカーに荷物を入れて階段を上がる。丁度3階の踊り場のところで凄腕Bさんと凄腕Cさんコンビと遭遇。軽く挨拶をして4階に上がる。

4階は結構踊りメインな雰囲気があるので人はそんなに多くない。今日は単独行動は控えてなるべくポロリさんと行動しようと思っていたので彼と適度に身を揺らす。酔拳が起動中だったので中々楽しい感じだった。

少しして2階に降りる。4階と違ってこっちは人が多い。バーカン前で何組か声掛けたりしたけどなかなか和むまではいかなった。再び4階に移動。

ポロリさんは4階の雰囲気のほうが気に入っていたようだった。でもお互いあまりピンとくる女がいなかった。俺が一番いい女だと思ったのがテキーラを売り回っている女だった。ほんとに好きな感じの女だったわ。こういう女は何回か声掛けた事あるけど、当然仕事なので超絶愛想よく仕事されて相手にされるわけもないので今回は声を掛けなかった。

そういえば凄腕Bさんも「今日は全然ダメですねぇー」なんて言ってたのを思い出す。でもなんか番ゲくらいはしたいなという思いと酔拳的な感じもあって、バーカン前で暇そうにしてる2人の女に声を掛けた。女のスペック的には2人とも“D”だったけどうでもよかった。
適当に会話して盛り上げて「んじゃまたねー」的な感じでその場を後にした。
番ゲはできそうな感じだったけどしなかったw
あんまりな感じだったんで
瞬「どうしよっかー?」と彼に聞いてみたら
ポ「出ましょうかー」と言ったので出る事にした。
時計を見ると23:30だった。


23:30

とりあえず商店街を北上することにした。
歩いてると急にゲーセンを指して彼は「ここに入ってみましょう」と言ったので入ることにした。

5階か6階建てだったかな。下から順にフロアを探索することにした。偶然だけど階を変わるごとに上から2人組の女が降りてくる。全部ギャル系だったからポロリさんの食指は動かないと思ったが構わず話し掛けた。別に連れ出したりとか何も考えてなかったけど、許容範囲の女を見たら声をかける。楽しいのでそれは止めるつもりはなかった。

ポロリさんはなんかこのゲーセンを楽しんでいるようだった。メダルゲームを1人でしてる女に声を掛けたりしてクラブにいる時より楽しそうにしていた。最上階がプリクラゾーンで男のみで立ち入りは禁止だったので手前の階を散策し終わって出る事にした。だからギャルが降りてくるわけだね。

騎士箱に行こうという事になっていたんだけどコンビニに行く事にした。麒麟箱を出る前に俺の酔いは完全に醒めていたので飲みたくなったのである。

移動中も何組か女に声掛けながら歩いて、あんま覚えてないけど、子鹿箱前、整髪箱前、それぞれ歩いた。たまに1人で歩いてるいい女を見掛けては
瞬「ちょごめんあれ行ってくるw」と言って声掛けたりを何回かする。

1人で声掛ける時は本気で自分のフローで話し掛ける。でもやっぱり連れ出しはする気はなくて番ゲメインに考えてた。ナンパ師と一緒ならそのまま1人ででも連れ出しを狙っていくけど、ポロリさんを置いてそんな事をしようなんて全く考えてなかった。そんな感じで同じように1人で歩いている女にまた声をかけると反応がいい女に当たった。

このブログでは会話内容とか書くつもりも意味もないので割愛するが、茶髪のゆるふわロングで目がトロンとしつつ猫顔で雰囲気のある19歳の看護士を目指す“B”な女からLINEゲできた。

さて、あんま時系列覚えてないけど、なんかポロリさんと絡みがある方で“がのた”さんという人が急遽来ることになったので彼を待つことにした。
てかたぶん俺が呼びましょうって言ったんだと思うけどwww

暫くして“がのた”さん車で登場。
3人で居酒屋に行くことになった。急遽「ポロリを囲む会」が開催される。まぁ色々と話したわな。
俺的にはこの時間が一番楽しかった。
こうやって知り合いが増えていくのは嬉しい事だ。“がのた”さん適当によろしくお願いします。
みんなで“ポロリワールド
に入れたらいいのになー。

いよいよ!?本日のメインである騎士箱に向かう事になって3人で移動を始めたんだけど途中でなんかピンと来るBar?みたいな空間を発見する。窓越しに除くと美人達が酒を飲んでるじゃない♪。女が何人も店に入っていくのを見て、受付の兄さんに「ここって何の店なん?」的な質問して教えてもらう。料金を聞いてフライヤーをもらい1度店の前に戻る。相談してポロリさんの一言で入る事になった。この時点で“がのた”さんが離脱。またねー♪。彼に見送られてポロリさんと店に入る。

中に入ると。。。
面倒くさいので説明しないけど簡単にいえばクラブっぽいバーだった。カウンターで乾杯し話す。
女性の2人組が2組ほど俺達の隣で話し込んでたんだけど、可愛いほうの2人組に声を掛けた。片方は“C”で片方は“B+”2人と会話しつつ当然メインは“B+”。アパレル系で細身茶髪ロングの猫顔ちゃんね。

2人は常連らしく店員とも仲良かった。こういう感じの女は無理な感じなのは知ってるので、深く口説くことはしなかったけど、結構和んでからLINE打診したら「何回かここで話して仲良くなったらね」と案の定言ってきたので深追いせずに、「んじゃまた会ったら話そう。俺の事覚えといてな」と言ってその場を去った。ここはアポに使えそうだなっと思ったので機会があれば使ってみよう。


3:00 or 4:00

覚えてないけど、さすがにこの時間から騎士箱に入るのは厳しいかなっていう時間帯になってた。箱前に着くともう入場はできないみたいな看板が出されていたのでどっかでくっちゃべる事にした。せっかくなんで、おっぱい箱前で話す事にした。ここは何気に箱から結構女が出てくる時間帯だったのでいいスポットだと勝手に思っているからだ。

ふと遠目にまた知った顔が座って携帯を触ってるのを発見する。これまたお馴染みの凄腕Dさんだ。何回か遊んだことあるけど彼のテキトークは大好きだ。少し話してお別れする。

雨が急に振ってきたので屋根がある商店街に戻ることにした。商店街で座って話してると知った顔が突然視界に入る。“どもん”さんである。彼はダリーさんと並び数少ない俺の仲良くしてもらってる仲間である。3人で少し話してると始発の時間がやってきたのか地下鉄の入口が開かれる。それと同時にお二人と別れる事にした。




5:30?

ポロリさんと別れてから、完ソロでストして帰ろうと思ったので商店街をうろつく。知った顔を何人か見掛けたけど適当に会釈してうろつく。前から凄腕Eさんと凄腕Fさんが歩いて来た。
凄腕Eさんはなんか好きなんでいつも見掛けたら話すし、ちょっとだけ勝手に一緒させて頂く。凄腕Fさんはお初だったんだけどなんでか名前を言い当てたのでびっくりしてた。なんとなく分かったんだよね。俺もびっくりしたわ。2人のコンビの邪魔しないように女がいたらスッと引いてソロで動いたりたまに3人で声掛けたりと楽しんだ。

1人で歩いてる時に“C”な感じの背高くて細いアパレル系アメリカ人(日本生まれ育ち)から
瞬「クロアチアの人やんね?笑」で爆笑さしてLINEゲ。
今から天国箱?に行くそうでそのままバイバイした。

んで最後3人でラーメン食ってから俺は家路に向かい、2人は再び商店街に吸い込まれていった。

6:30終了。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。